こんにちは、Sです。
日本はお盆が終わる頃ですね。今年は休みの巡り合わせが微妙だったせいか、交通渋滞が例年よりもマシだという報道がなされていました。
とは言っても、数十キロの渋滞はあったようですが。。。
暑さも例年に比べてより過酷だったようで、熱中症のニュースはアメリカでも取り上げられていました。
そんな中、真夏で熱闘甲子園を繰り広げる高校球児たちは凄いですね。
しかも最後のほうになると連日連戦が続き、ピッチャーなんて500球とか600球を投げるわけですね。将来有望な選手が潰れないためにも、前時代的な大会形式を変えたほうが良いのは間違いないですが、日本人が大好きな「変わらない良さ」、「怪我してでも頑張る姿に感動」みたいな感覚がある限り、難しいんでしょうね。

さて、日本の真夏の甲子園に負け次劣らずの激しい戦いを繰り広げているのが、アメリカの通信キャリアです。(無理感満載なつなぎ笑)
つい最近、CNNがこんなニュースを出していました。
https://money.cnn.com/2018/08/15/technology/verizon-5g-service-offer/index.html
Verizonは5G回線を利用した家でのインターネット回線やケーブルテレビの提供を計画しているようです。またVerizonは5Gに関して、Apple、Googleという2大巨頭とパートナーシップを組んで5Gの普及に努めるという発表をこれまた最近行いました。
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-08-14/verizon-is-said-to-be-close-to-apple-google-deals-for-5g-tv

一部報道では、AT&Tに乗り遅れて急いでパートナーシップを組んだものの、具体的な計画はほとんど行われていない現状なんて伝え方をしていました、真相はいかに。Verizonも元々AT&T同様、ブロードバンド回線と移動体通信、コンテンツの提供を一手に行いたいと躍起になってきましたが、Fiosの普及が進まず、方向転換を余儀なくされました。AOL、Yahooなど買収したものの、肝心のブロードバンド回線を全米に広げることもできないところで5Gの時代が本格的に到来という新しいチャンスが巡ってきました。

5Gは4Gに比べて通信速度、通信の信頼性も格段に向上することが予想されており、高画質での動画もテレビと同レベルでサクサク見れるようになるでしょう。そこで大事になってくるのがコンテンツ側との連携です。いくら5Gになったとはいえ、みんなが常に高画質の動画を見るような状態になると、通信品質の管理も中々複雑になってきます。今回の巨頭たちとの提携は、コンテンツを安定的に提供したい両者にとってメリットがあり、結果としてVerizonにとってはプラスになることが多そうです。

将来的に、うちの店でもApple TVとかYoutube TVなどのコンテンツ系サービスの提案とかし始めるのかな。ドコモのD系アプリも店舗での営業活動でレバレッジきかせて契約者数を伸ばしていることを考えると、遅かれ早かれそういう流れがアメリカの通信業界にやってきそうですね。

S(`・ω・´)


海外起業 ブログランキングへ


起業・独立 ブログランキングへ


スマートフォン・携帯電話 ブログランキングへ


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

人気ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング